ビーツーブログ

神戸ビーツーブログ

2018/1/6
明けましておめでとうございます。

一月に入り、寒さも増してきましたね!本年も神戸ビーツ理容美容専門学校よろしくお願い致します。

2年生の生徒の皆さんは、来週成人式が有りますね!

ちょっと成人式についてネットで調べてみました!

 

成人式に振袖を着る理由

成人式の日、街は振袖姿の若い女性でにぎわいます。その光景は美しく華やかで、見ているだけでお祝いムードを楽しむことができます。でも、どうして成人式に女性は振袖を着るのでしょうか? 意外と知らない人は多いようです。

振袖は若い女性の礼服

洋服の場合、時と場所に合わせて、カジュアルウェア、フォーマルウェアと着る服を変えます。着物も同じで、留袖、付け下げ、訪問着、振袖などさまざまな着物があり、時と場所により、着るものが異なります。未婚の若い女性の礼装は振袖となります。成人式は、冠婚葬祭の「冠」にあたる儀式、つまり「最も格式の高い場」です。ですから、女性は礼装となる振袖でのぞむのがマナーというわけです。

振袖には厄除けの効果がある

現在、振袖と言えば若い女性の着物ですが、かつてこどもにも振袖を着せていた時代がありました。これは長い袖を振る仕草が「魔を祓う」「厄除け」になると思われていたためです。こどもが病気や厄にとりつかれないようにという願いを込めて、振袖を着せていたのです。振袖は厄除けアイテムでもあるんです。

成人の日は「大人になったことを自覚し、自ら生き抜こうとする青年を祝い励ます」日。新成人の方は誇りを持って、周囲の人は祝福の気持ちを持って、一生に一度の晴れの日、成人式は人生で重要な節目を迎え素敵な一日にしてください。

学校が始まったら、2月に行われる国家試験に向けてラストスパートですね!

  • 2018-1-6 08:00